忍者ブログ
プロフィール
HN:
The Limp Polygon
性別:
女性
自己紹介:
有吉・恵南・miaの84年生まれ合同サークル。活動傾向は主にガウリナ。よろしく!
アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
※当ブログに掲載の記事・画像は実際の作品関係者各社様とは無関係です。それを了承の上で閲覧お願い致します。
8   7   6   5   4   3   2   ≫
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3


▲新刊用カット。


サークル用ブログを作ったところで更新なし、も寂しいですから、
こっちで色々製作記みたいなのを書いていこうと思います。

そうそう・・・・・・今悩んでいるんです。背景で。背景と人物のバランスで。


悩むほど今まできっちり背景描き込むタイプでもなかったんですが、
先日ヨーロッパのビジュアル資料を買ってしまったためそこから火がつきました。
ああいう資料できちんと実際の建築物を見ると、俄然描き込みの意欲が沸いてくる。
沸いてくるんで、今までより精細に(なるように・・・)背景を描き込むんだけど、
線数の多い描き込みは、自分の描く人物とバランスが合わんのです。

割とハイライトの利いたトーンの人物に、こちゃこちゃ線の多い背景ってアンバランスでしょう・・・?
そうでもないのかなぁ。自分の絵だから必要以上に変に感じるだけ?

たぶん必要以上に背景へ力注いじゃうと、そっちに人物が負けちゃうんだと思うんだけど。
漫画描きさん達はどう折り合いをつけてるんだろう。
何か「自分はこう」ってのがある方、いましたら是非勉強させてください。


ナウシカとかね・・・もう・・・素晴らしいじゃないですか、背景が。背景と人物の融合が。
(あれはもともと背景と人物って前提が無いようにも見えるけど・・・)
読み返してうわぁーこんなの描きてぇーー!!ってボルテージ上がるんだけど、
あまりに頭の中のイメージと実際に描き出されてく自分の絵のギャップに
あぁーだめだああああーーーーーって激しく落ち込んで迷走していく、
そんな作業時間がとても辛いです。描いてる時間より葛藤してる時間の方がきっと多いもん。


↑ってな感じで書くと少しは作業してる時の雰囲気が伝わる・・・かなぁ。
他愛の無い話ですみませんね。たぶん私は毎度こんな感じです。

PR
忍者ブログ [PR]

Icon by irusu